お気楽days

US、UK、ジャンル、年代を問わず、洋楽を中心に色々とお気楽に語ってます!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Stone Temple Pilots 

ストーン・テンプル・パイロッツによる96年発表の3作目です。

Tiny Music...Songs from the Vatican Gift ShopTiny Music...Songs from the Vatican Gift Shop
(1996/03/21)
Stone Temple Pilots

商品詳細を見る


1. Press Play
2. Pop's Love Suicide
3. Tumble in the Rough
4. Big Bang Baby
5. Lady Picture Show
6. And So I Know
7. Trippin' on a Hole in a Paper Heart
8. Art School Girl
9. Adhesive
10. Ride the Clich
11. Daisy
12. Seven Caged Tigers


ストーン・テンプル・パイロッツは、スコット・ウェイランド、ロバート・ディレオ、
ディーン・ディレオ、エリック・クレッツの4人組で90年代初頭のグランジ全盛期
にデビューしたアメリカのバンドです。

ファーストとセカンドみたいなへヴィーさはないですが、キャッチーな曲が多くて
このアルバムは個人的にはすごく好きでよく聴いていました。

再結成も決まったし、聴いた事がない方はぜひチェックしてみて下さい。




            「Trippin' on a Hole in a Paper Heart」







ポチっとお願いします
ブログランキング
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
スポンサーサイト
[ 2008/03/27 18:23 ] [S]Stone Temple Pilots | TB(0) | CM(4)

Primal Scream 

プライマル・スクリームによる94年発表の4枚目です。

Give Out But Don't Give UpGive Out But Don't Give Up
(1994/04/12)
Primal Scream

商品詳細を見る


1. Jailbird
2. Rocks
3. (I'm Gonna) Cry Myself Blind
4. Funky Jam
5. Big Jet Plane
6. Free
7. Call on Me
8. Struttin'
9. Sad and Blue
10. Give Out But Don't Give Up
11. I'll Be There for You
12. Everybody Needs Somebody



82年にスコットランドで結成されたロック・バンドで、現メンバーはボビー・ギレスビー、
アンドリュー・イネス、マーティン・ダフィー、ロバート・ヤング、ゲイリー・モンフィールド、
ダーリン・ムーニーの6人組です。

このバンドは作品ごとに音楽性が変わるのですが、彼らの傑作と評価の高い前作の
「スクリーマデリカ」のアシッド・ハウスから一転、このアルバムではロックンロールの
聖地、メンフィスでの録音で収録曲もアメリカ南部特有の骨太なサウンドが聴ける
ロックンロール・アルバムになっています。

前作と比較されて評価の低いアルバムなのですが、セールス的には彼らの作品の
中で最高順位を記録しました。

60年代後半から70年代初期のストーンズみたいなサウンドが大好きなので
個人的にはこのアルバムは気に入ってます。

シングル・カットされた「Rocks」はCMに使われたりと、聴いた事がある方も
多いと思います。



                「Rocks」









ポチっとお願いします
ブログランキング
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
[ 2008/03/26 19:00 ] [P]PRIMAL SCREAM | TB(0) | CM(3)

Michelle Branch 

ミシェル・ブランチの01年発表のデビュー・アルバムです。

ザ・スピリット・ルームザ・スピリット・ルーム
(2001/09/19)
ミシェル・ブランチ

商品詳細を見る




1. エヴリウェア
2. ユー・ゲット・ミー
3. オール・ユー・ウォンテッド
4. ユー・セット・ミー・フリー
5. サムシング・トゥ・スリープ・トゥ
6. ヒア・ウィズ・ミー
7. スウィート・ミザリー
8. イフ・オンリー・シー・ニュー
9. アイド・ラザー・ビー・イン・ラヴ
10. グッドバイ・トゥ・ユー
11. ドロップ・イン・ジ・オーシャン
12. オール・ユー・ウォンテッド





ミシェル・ブランチは、アメリカのアリゾナ州出身のシンガー・ソングライターです。

10代、20代を中心に支持されていて、のちにデビューしたアヴリル・ラヴィーンらと
ともに注目されてるアーティストです。

歌唱力もあり、曲のセンスもあってシェリル・クロウやアラニス・モリセットを彷彿とさせる
音楽性で日本人好みのシンガーだと思います。

こちらは、大ヒットしたデビュー・シングルです。




                   「Everywhere」




こちらのアルバムには収録されてないんですが、グラミー賞を獲得したサンタナとの
コラボ曲 「The Game Of Love」もすごくいいんですよね。

Santana feat. Michelle Branch   「The Game Of Love」











ポチっとお願いします
ブログランキング
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
[ 2008/03/24 18:41 ] [M]Michelle Branch | TB(0) | CM(6)

T-Rex 

デヴィッド・ボウイとならんで70年代初期のイギリスのグラム・ロックというムーヴメント
を代表するアーティストです。

「イージー・アクション」や「メタル・グゥルー」など、テレビで曲が使われたりしてるし
耳にした事ある方も多いと思います。


Greatest HitsGreatest Hits
(2007/09/25)
T. Rex

商品詳細を見る





T-Rex    「20th Century Boy」









ポチっとお願いします
ブログランキング
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
[ 2008/03/22 22:17 ] [T]T-Rex | TB(0) | CM(3)

LITTLE FEAT 

リトル・フィートが73年に発表したサード・アルバムです。

ディキシー・チキンディキシー・チキン
(2008/01/23)
リトル・フィート

商品詳細を見る


1. ディキシー・チキン
2. トゥー・トレインズ
3. ロール・エム・イージー
4. オン・ユア・ウェイ・ダウン
5. キス・イット・オフ
6. フール・ユアセルフ
7. ウォーキン・オール・ナイト
8. ファット・マン・イン・ザ・バスタブ
9. ジュリエット
10. ラファイエット・レイルロード


リトル・フィートは69年にアメリカで結成されたロック・バンドで、アメリカ南部に
根ざすサウンドが特長です。

このサードはリトル・フィートの作品の中でも最高傑作と評価の高いアルバムです。

特にローウェル・ジョージのスライドギターがタイトなリズムにからむ演奏が魅力で
いろんなミュージシャンにも影響を与えていています。



     Little Feat 「Fat Man In The Bathtub」











ポチっとお願いします
ブログランキング
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ


[ 2008/03/22 22:04 ] [L]LITTLE FEAT | TB(0) | CM(6)

The Ramones 

ニューヨーク・パンクを代表するバンド、ラモーンズの76年発表の
デビュー・アルバムです。

ラモーンズの激情+8ラモーンズの激情+8
(2005/06/22)
ラモーンズ

商品詳細を見る




1. Blitzkrieg Bop
2. Beat on the Brat
3. Judy Is a Punk
4. I Wanna Be Your Boyfriend
5. Chainsaw
6. Now I Wanna Sniff Some Glue
7. I Don't Wanna Go Down to the Basement
8. Loudmouth
9. Havana Affair
10. Listen to My Heart
11. 53rd & 3rd
12. Let's Dance
13. I Don't Wanna Walk Around With You
14. Today Your Love, Tomorrow the World
15. I Wanna Be Your Boyfriend [*][Demo Version]
16. Judy Is a Punk [*][Demo Version]
17. I Don't Care [*][Demo Version]
18. I Can't Be [*][Demo Version]
19. Now I Wanna Sniff Some Glue [*][Demo Version]
20. I Don't Wanna Be Learned/I Don't Wanna Be Tamed [*][Demo Version]
21. You Should Never Have Opened That Door [*][Demo Version]
22. Blitzkrieg Bop [Single Version]





メンバー全員がラモーンと名乗り、ライダース・ジャケットとボロボロのジーンズ
というファッションで、シンプルでストレートなロックンロールをやる姿には当時
多くの人が親近感を持っただろうなと思います。

キャッチーなメロディと3コードのロックンロール、すべての曲が3分以内と
デビュー前後のビートルズを連想させるようなスタイルは70年代中期では
新鮮で、とりわけアメリカよりもイギリスでの評価の方が高かったみたいです。

ピストルズやクラッシュなどのロンドン・パンクの先駆者的存在でもあります。

このアルバムはシンプルだけどかっこいい、そんな1枚です。

高校の時、初めてバンドを組んでコピーしたのがラモーンズでした。

コード進行がシンプルで8ビートだから覚えやすいし、耳コピーしやすいん
ですよね。そんな人も多いのではと思います。





                   「Blitzkrieg Bop」











ポチっとお願いします
ブログランキング
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ


[ 2008/03/22 01:27 ] [R]The Ramones | TB(0) | CM(0)

NEIL YOUNG 

ニール・ヤングが72年に発表した第4作で、ナッシュビルで
レコーディングされたアルバムです。

HarvestHarvest
(1994/06/16)
Neil Young

商品詳細を見る


1. Out on the Weekend
2. Harvest
3. Man Needs a Maid
4. Heart of Gold
5. Are You Ready for the Country?
6. Old Man
7. There's a World
8. Alabama
9. Needle and the Damage Done [Live]
10. Words (Between the Lines of Age)


ニール・ヤングはカナダのトロント出身のシンガー・ソングライターです。

このアルバムではフォーク、カントリー・ロックやストリングスを取り入れた
サウンドでバラエティ豊かな雰囲気が感じられる作品に仕上げられています。

独特のハイトーン・ヴォイスで切々と歌いあげる4曲目を好きなファンも
多いと思います。

この4曲目の「Heart Of Gold」は全米チャートでトップの座を獲得してますし、
ニール・ヤングにとって代表作ともいえるアルバムです。

本人もこのアルバムは最高傑作の1つとして挙げています。



Neil Young    「Heart Of Gold」










ポチっとお願いします
ブログランキング
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ




[ 2008/03/21 00:31 ] [N]NEIL YOUNG | TB(0) | CM(0)

Elvis Costello 

エルヴィス・コステロによる79年発表の3作目です。

Armed ForcesArmed Forces
(1993/10/19)
Elvis Costello & the Attractions

商品詳細を見る


1. Accidents Will Happen
2. Senior Service
3. Oliver's Army
4. Big Boys
5. Green Shirt
6. Party Girl
7. Goon Squad
8. Busy Bodies
9. Sunday's Best
10. Moods for Moderns
11. Chemistry Class
12. Two Little Hitlers
13. (What's So Funny 'Bout) Peace, Love and Understanding?
14. My Funny Valentine [*]
15. Tiny Steps [*]
16. Clean Money [*]
17. Talking in the Dark [*]
18. Wednesday Week [*]
19. Accidents Will Happen [Live][*]
20. Alison [Live][*]
21. Watching the Detectives [Live][*]

イギリスのロンドン出身で、77年にパブロック・ムーブメントの立役者、
ニック・ロウのプロデュースでデビューしました。

ポリスやプリテンダーズらと並び、70年代後半のニュー・ウェーブ・シーン
の代表的な存在でもあります。

前作までのパンク調から一転、このアルバムでは歌詞は過激なんですが、
非常にキャッチーなメロディで、サウンドもかなりポップ色が強くなっています。

1曲目や3曲目など、耳にした方も多いだろうと思います。

初めて買ったコステロの作品が、93年にボーナス・トラックを追加した
このアルバムでした。

名曲「Alison」のライブ・ヴァージョンを含めた全21曲は非常に豪華で、
コステロ入門編としてもオススメの1枚です。

さらにボーナス・トラックを追加した2枚組も発売されているのですが、
ここでは93年に発売されたアルバムの方を紹介しています。


             「Accidents Will Happen」



        

             「Oliver's Army」






ポチっとお願いします
ブログランキング
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ


[ 2008/03/19 19:52 ] [E]Elvis Costello | TB(0) | CM(7)

The doors 

ドアーズによる67年発表のデビュー・アルバムです。

The DoorsThe Doors
(2007/03/27)
The Doors

商品詳細を見る





1. Break On Through (To The Other Side)
2. Soul Kitchen
3. The Crystal Ship
4. Twentieth Century Fox
5. Alabama Song (Whisky Bar)
6. Light My Fire
7. Back Door Man
8. I Looked At You
9. End Of The Night
10. Take It As It Comes
11. The End






65年にジム・モリソン、レイ・マンザレク、ロビー・クリーガー、ジョン・デンズモア
によって、ロスで結成されたベース抜きの変則的編成バンドです。

ジミヘン、ジャニス・ジョプリンらと並んで60年代後半のカウンター・カルチャー
のシンボル的な存在です。

文学的な歌詞と官能的なジム・モリソンのヴォーカル、個性溢れる幻想的な
サウンドと独特の魅力を持ったこのバンドのデビュー・アルバムは、1曲目や
3曲目など、彼らの代表曲とされる曲も収録されて、終末的世界観漂う11曲
目など聴き所満載です。




                   「break On Through」







ポチっとお願いします
ブログランキング
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
[ 2008/03/17 23:20 ] [D]The Doors | TB(0) | CM(0)

Shania Twain 

シャナイア・トゥエインによる04年発表のベスト・アルバムです。

グレイテスト・ヒッツグレイテスト・ヒッツ
(2005/01/12)
シャナイア・トゥエインマーク・マッグラス

商品詳細を見る



1. Forever and For Always
2. I'm Gonna Getcha Good
3. UP!
4. Come On Over
5. Man! I Feel Like A Woman!
6. That Don't Impress Me Much
7. From This Moment
8. Honey, I'm Home
9. You're Still The One
10. Don't Be Stupid
11. Love Gets Me Every Time
12. No One Needs To Know
13. You Win My Love
14. I'm Outta Here
15. The Woman In Me
16. Any Man Of Mine
17. Whose Bed Have Your Boots
18. Party for Two' (with Mark McGrath)
19. Don't!
20. Party for Two (with Billy Currington)
21. I Ain't No Quitter


シャナイア・トゥエインはカナダのオンタリオ州出身のカントリー・アーティストです。

2曲目に収録されている曲で彼女を初めて知ったのですが、カントリーよりも
ポップ色が強く、幅広い層に受け入れられているアーティストだと思います。

3曲目のテレビCM曲としておなじみのナンバーもあり、シャナイア・トゥエイン
入門編として最適の1枚です。



             「I'm Gonna Getcha Good!」












ポチっとお願いします
ブログランキング
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ

[ 2008/03/17 17:25 ] [S]Shania Twain | TB(0) | CM(0)

Cream 

クリームが68年に発表した3作目です。

クリームの素晴らしき世界クリームの素晴らしき世界
(2006/06/21)
クリーム

商品詳細を見る



ディスク:1
1. ホワイト・ルーム
2. トップ・オブ・ザ・ワールド
3. 時は過ぎて
4. おまえの言うように
5. ねずみといのしし
6. 政治家
7. ゾーズ・ワー・ザ・デイズ
8. 悪い星の下に
9. 荒れ果てた街

ディスク:2
1. クロスロード
2. スプーンフル
3. 列車時刻
4. いやな奴




クリームはジャック・ブルース、エリック・クラプトン、ジンジャー・ベイカーが
66年に結成したイギリスのロック・バンドです。

わずか2年半の活動で68年には音楽性の違いにより解散してしまいました。

クオリティの高いスタジオ盤も聴きごたえありますが、何と言ってもdisc.2のライブ盤が
とにかく圧巻です。
ブルースをベースにした3人のスリリングな演奏力には本当に驚かされます驚く

このアルバムはまさにロック・ファン必聴の名盤です。


考えたら約40年も前になるんですよね汗とか



                     「crossroads」












ポチっとお願いします
ブログランキング
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
[ 2008/03/15 00:38 ] [C]Cream | TB(0) | CM(0)

The Fratellis 

ザ・フラテリスによる06年発表のデビュー・アルバムです。

コステロ・ミュージックコステロ・ミュージック
(2007/03/07)
ザ・フラテリス

商品詳細を見る


1. Henrietta
2. Flathead
3. Cuntry Boys & City Girls
4. Whistle for the Choir
5. Chelsea Dagger
6. For the Girl
7. Doginabag
8. Creepin Up the Backstairs
9. Vince the Loveable Stoner
10. Everybody Knows You Cried Last Night
11. Baby Fratelli
12. Got Ma Nuts from a Hippy
13. Ole Black 'N' Blue Eyes


ザ・フラテリスはスコットランド・グラスゴー出身の3ピース・ロック・バンドです。
05年にバンドを結成して翌年にはメジャーデビューを果たしました。

ラモーンズみたいにメンバー全員がフラテリの姓を名乗っています。

懐かしい感じのストレートなロックンロールで、陽気で軽快なサウンドは
非常に聴きやすくて日本人好みのアルバムだと思います。

思わず口ずさんでしまえるほどキャッチーなメロディで変なクセもないので
違和感なく全曲通して聴けちゃいます。

結成してわずか1年のバンドで新人とは思えない完成度です。

このアルバムの中の2曲目「Flathead」はコマーシャル・ソングでも使われて
いたので聴いた事ある方も多いかと思います。



                    「Flathead」














ポチっとお願いします
ブログランキング
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ



[ 2008/03/13 23:36 ] [F]The Fratellis | TB(0) | CM(0)

EXTREME 

エクストリームによる91年発表の2作目です。

ポルノグラフィティポルノグラフィティ
(2006/08/30)
エクストリーム

商品詳細を見る




1. Decadence Dance
2. Li'l Jack Horny
3. When I'm President
4. Get the Funk Out
5. More Than Words
6. Money (In God We Trust)
7. It ('s a Monster)
8. Pornograffitti
9. When I First Kissed You
10. Suzie (Wants Her All Day What?)
11. He-Man Woman Hater
12. Song for Love
13. Hole Hearted





エクストリームは85年にボストンで結成されたハード・ロックバンドで
89年に「EXTREME」でアルバムデビューしてます。

なんといってもこのバンドの魅力はヌーノ・ベッテンコートのギターですよね。
このアルバムでもハードでいてカラフルなサウンドに仕上がっています。

アルバム収録曲のアコースティック・バラード「More Than Words」は
全米No1を獲得して、バンドを一躍有名にしました。






               「More Than Words」











ポチっとお願いします
ブログランキング
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
[ 2008/03/12 19:05 ] [E]EXTREME | TB(0) | CM(0)

The Doobie Brothers 

キャプテン・アンド・ミーキャプテン・アンド・ミー
(2005/05/25)
ドゥービー・ブラザーズ

商品詳細を見る


1. ナチュラル・シング
2. ロング・トレイン・ランニン
3. チャイナ・グローヴ
4. ダーク・アイド・ケイジャン・ウーマン
5. クリア・アズ・ザ・ドライヴン・スノー
6. ウィズアウト・ユー
7. サウス・シティ・ミッドナイト・レディ
8. イーヴル・ウーマン
9. オコネリー・コーナーズ
10. ユカイア
11. キャプテン・アンド・ミー


70年にトム・ジョンストンを中心にカリフォルニア州で結成されたバンドで
ゴスペルやC&Wを取り入れた骨太なサウンドで翌71年にデビューしました。

このバンドはメンバーチェンジの多さでも有名なんですが、こちらは初期を
代表する73年発表の第3作です。



The Doobie Brothers  「Long Train Runnin」




ポチっとお願いします^^
ブログランキング
にほんブログ村 音楽ブログへ
ブログランキング
[ 2008/03/08 17:51 ] [D]The Doobie Brothers | TB(0) | CM(0)

BRYAN ADAMS 

ブライアン・アダムスによる91年発表の通算7作目です。

Waking up the NeighboursWaking up the Neighbours
(1991/09/24)
Bryan Adams

商品詳細を見る



1. Is Your Mama Gonna Miss Ya?
2. Hey Honey I'm Packin' You In!
3. Can't Stop This Thing We Started
4. Thought I'd Died and Gone to Heaven
5. Not Guilty
6. Vanishing
7. House Arrest
8. Do I Have to Say the Words?
9. There Will Never Be Another Tonight
10. All I Want Is You
11. Depend on Me
12. (Everything I Do) I Do It for You
13. If You Wanna Leave Me (Can I Come Too?)
14. Touch the Hand
15. Don't Drop That Bomb on Me



カナダ出身のブライアン・アダムスが前作から4年ぶりに発表した、このアルバム
は全米では6位、全英では自身初の1位を獲得しました。

映画「ロビンフッド」のテーマソングにもなった「(Everything I Do) I Do It for You 」
は全米シングル・チャートで7週連続1位、全英では16週連続1位、カナダでは39週
連続1位を獲得したほか、ヨーロッパ各国でチャート1位を獲得しました。

ストレートで爽快なロック・ナンバーと、彼お得意の壮大なバラードがバランスよく
収録されていて、しかも15曲というボリュームなんですが、まったく捨て曲なしです。

個人的には1曲もとばす事なく聴ける数少ないアルバムの1つですね。

彼の作品では「レックレス」とならび、最高傑作ではないだろうかと思います。


           
                「(Everything I Do) I Do It for You 」












ポチっとお願いします
ブログランキング
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
[ 2008/03/07 02:54 ] [B]BRYAN ADAMS | TB(0) | CM(0)

Crowded House 

Crowded Houseによる86年発表のデビュー・アルバムです。

Crowded HouseCrowded House
(1990/10/25)
Crowded House

商品詳細を見る


1. Mean To Me
2. World Where You Live
3. Now We're Getting Somewhere
4. Don't Dream It's Over
5. LoveYou' Til The Day I Die
6. Something So Strong
7. Hole In The River
8. I Walk Away
9. Tombstone
10. That's What I Call Love


ニュージーランドとオーストラリア出身のメンバーで結成された3ピース・バンド
で、彼らはオーストラリアを拠点に活躍しました。

このアルバムには彼らの最大のヒット曲「Don't Dream It's Over」をはじめ、
ビートルズの強い影響を感じさせる美しいメロディーやニール・フィンの暖かい
ヴォーカル、哀愁ある洗練されたサウンドとデビュー作にしてすごく完成されて
います。

ニール・フィンのソング・ライティングは、特に日本人好みではないでしょうか。
「Don't Dream It's Over」はホント、いい曲ですよね。




                 「Don't Dream It's Over」




                 「World Where You Live」


                   
  




ポチっとお願いします
ブログランキング
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ


[ 2008/03/04 17:02 ] [C]Crowded House | TB(0) | CM(0)

AMANDA MARSHALL 

アマンダ・マーシャルによる96年発表のデビュー・アルバムです。

Amanda MarshallAmanda Marshall
(1996/07/08)
Amanda Marshall

商品詳細を見る



1. Let It Rain
2. Birmingham
3. Fall from Grace
4. Dark Horse
5. Beautiful Goodbye
6. Sitting on Top of the World
7. Last Exit to Eden
8. Trust Me (This Is Love)
9. Let's Get Lost
10. Promises



世紀末版ジャニス? なるキャッチコピーをつけられたカナダ出身の女性シンガー・
ソングライターです。

日本ではアラニス・モリセットやシェリル・クロウほどの知名度はなくて、あまりヒットも
しなかったんですが抜群の歌唱力です。

このアルバムの1曲目の「LET IT RAIN」のPVがインパクトあって、気に入ったんで
購入したんですよね。





AMANDA MARSHALL   「LET IT RAIN」



ポチっとお願いします
ブログランキング
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ




[ 2008/03/04 09:55 ] [A]AMANDA MARSHALL | TB(0) | CM(0)

COLDPLAY 

コールドプレイによる02年発表の2作目です。

静寂の世界静寂の世界
(2008/06/11)
コールドプレイ

商品詳細を見る




1. Politik
2. In My Place
3. God Put A Smile Upon Your Face
4. The Scientist
5. Clocks
6. Daylight
7. Green Eyes
8. Warning Sign
9. A Whisper
10. A Rush of Blood To The Head
11. Amsterdam




サマーソニック’08の出演が決定しましたね。

コールドプレイは1998年にクリス・マーティン、ジョニー・パックランド、
ガイ・ベリーマン、ウィル・チャンピョンによってロンドンで結成された
バンドです。

デビューアルバム「パラシューツ」は、全世界で大ヒットし
最優秀オルタナティヴ・ミュージック・アルバム賞を受賞しました。

美しいメロディと内省的な味のあるヴォーカル、彼ら独特の深みのある
サウンドを披露したこの作品も全世界で大ヒットを記録して、アルバム収録曲の
5曲目「Clocks」は2003年グラミー賞の最優秀レコード賞を受賞しました。


             
               「In My Place」





                「Clocks」













ポチっとお願いします
ブログランキング
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ


[ 2008/03/02 23:43 ] [C]COLDPLAY | TB(0) | CM(4)

Todd Rundgren 

トッド・ラングレンによる72年発表の3作目です。

Something/Anything?Something/Anything?
(1990/10/25)
Todd Rundgren

商品詳細を見る



ディスク:1
1. I Saw the Light
2. It Wouldn't Have Made Any Difference
3. Wolfman Jack
4. Cold Morning Light
5. It Takes Two to Tango (This Is for the Girls)
6. Sweeter Memories
7. Intro
8. Breathless [Instrumental]
9. Night the Carousel Burned Down
10. Saving Grace
11. Marlene
12. Song of the Viking
13. I Went to the Mirror

ディスク:2
1. Black Maria
2. One More Day (No Word)
3. Couldn't I Just Tell You
4. Torch Song
5. Little Red Lights
6. Overture-My Roots: Money (That's What I Want) /Messin' With the Kid
7. Dust in the Wind
8. Piss Aaron
9. Hello It's Me
10. Some Folks Is Even Whiter Than Me
11. You Left Me Sore
12. Slut



曲のほとんどが一人で演奏されたというマルチ・アーティスト、トッド・ラングレン
の3作目は2枚組のヴォリュームに加えて、曲が非常にバラエティ豊かです。

トッドといえばこのアルバムというくらいの彼の代表作にして名盤です。

ポップでキャッチーな曲や美しいメロディのバラード、ロック全開のハードな曲など
彼の才能がフルに発揮されています。

disc1の1曲目の「I Saw the Light」は彼のもっとも有名な曲なので、聴いたことが
ある方も多いのではないでしょうか。

3作目以降はかなり実験色が強くなり、ファンにも賛否両論あるみたいなのですが、
トッド・ラングレンを聴いた事がない方はこのアルバムから入るのをおすすめします。
入門篇には最適だと思います。





                   「I Saw The Light」




                 「Could't I Just Tell You」




                  「Hello It's Me 」
                  






ポチっとお願いします
ブログランキング
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
[ 2008/03/01 08:21 ] [T]Todd Rundgren | TB(0) | CM(4)
プロフィール

つっしゃん

Author:つっしゃん
訪問ありがとうございます!!

US、UK、ジャンル、年代を問わず、
洋楽アルバムを中心に色々と
お気楽に浅く広く語っています^^ 
ぜひ、参考にしてみて下さい!

リンクフリーですが、ひとこと
コメントしていただけると嬉しい
です。  

ブログランキング
ポチっとお願いします(^^)
にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ ブログランキング
コビトニュース ver.3
星が見える名言集100
カレンダー
02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
            
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
         


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。