お気楽days

US、UK、ジャンル、年代を問わず、洋楽を中心に色々とお気楽に語ってます!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

live at the fillmore east♪ 

99年に発表された、フィルモアでのライヴ音源を収録した2枚組アルバムです。



Live at the Fillmore EastLive at the Fillmore East
(1999/02/23)
Jimi Hendrix

商品詳細を見る




ディスク:1
1. Stone Free
2. Power of Soul
3. Hear My Train a Comin'
4. Izabella
5. Machine Gun
6. Voodoo Child (Slight Return)
7. We Gotta Live Together


ディスク:2
1. Auld Lang Syne
2. Who Knows
3. Changes
4. Machine Gun
5. Stepping Stone
6. Stop
7. Earth Blues
8. Burning Desire
9. Wild Thing





バンド・オブ・ジプシーズのアルバムといえば、70年に発表された6曲入りライブ・アルバム
「バンド・オブ・ジプシーズ」が有名ですが、本作では高音質・未発表音源多数のクォリティ
で、まさに完全版といった感じのアルバムです。

69年の大晦日から70年の元日にかけて行われた、フィルモアでの4回のステージから
ピックアップして収録したもので、未発表ライヴ音源13曲、既発表音源の別ヴァージョン
3曲が収録されています。

70年発表のアルバム「バンド・オブ・ジプシーズ」は、契約上の必要性から発売を迫られて
不本意なかたちでリリースされたという経緯があったにもかかわらず、生前のジミが手が
け、公認した最後のアルバムだけに素晴らしいテイクが収録されてるんですが、この「Live
at the Fillmore East」では「We Gotta Live Together」の1曲だけが重複しているだけ
で、それ以外の曲は未発表の音源なので、また新たな全貌が浮かび上がり、彼らの
サウンドの素晴らしさが再認識できます。

エクスペリエンス時代の十八番、「Stone Free」は新たな装いで演奏され、ジミの溢れる
イマジネーションと止まることを知らないアドリブが聴けます。

「Power of Soul」は以前「Power to Love」のタイトルでリリースされていたもので、この
アルバムでは別ヴァージョンが聴けます。

「Izabella」はここまで完璧なテイクを今まで聴いたことがなかったので、このアルバムの
中でもっとも気に入っていて、ぜひ聴いてほしい1曲です。

「Machine Gun」はヴェトナム戦争への抗議を示した曲で、ジミの代表作でもありますが、
このアルバムではヴァージョン違いが2曲収録されています。

その他にも、めったに演奏されることがなかった「Earth Blues」「Burning Desire」
「Stepping Stone」など収録されているので、聴きどころが満載です。

このライヴ・アルバムではエクスペリエンスのライヴの時の様な派手さはないのですが、
ビリー・コックス、バディ・マイルスの2人のリズム隊も素晴らしく、メンバー全員が黒人と
いうこともあり、アルバム全体を通してブラック色が強く出たグルーヴ感で、ファンキーな
サウンドが聴けておススメのアルバムです。







                  「Izabella」





                  「Voodoo Child (Slight Return) 」








ポチっとお願いします^^
ブログランキング
にほんブログ村 音楽ブログへ
スポンサーサイト
[ 2008/09/22 01:26 ] [J]JIMI HENDRIX | TB(0) | CM(6)

JIMI HENDRIX 

ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンスの68年発表の4作目です。

エレクトリック・レディランドエレクトリック・レディランド
(2006/06/21)
ザ・ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンス

商品詳細を見る




1. ...And the Gods Made Love
2. Have You Ever Been (To Electric Ladyland)
3. Crosstown Traffic
4. Voodoo Chile
5. Little Miss Strange
6. Long Hot Summer Night
7. Come On, Pt. 1
8. Gypsy Eyes
9. Burning of the Midnight Lamp
10. Rainy Day, Dream Away
11. 1983... (A Merman I Should Turn to Be)
12. Moon, Turn the Tides...Gently Gently Away
13. Still Raining, Still Dreaming
14. House Burning Down
15. All Along the Watchtower
16. Voodoo Child (Slight Return)


このアルバムはまさにロック史に残るジミ・ヘンドリックスの最高傑作と思います。
まずアルバムの1曲目からノイズ・コラージュだし。
ブルースやロック、ソウル/ファンクっぽい曲ありと楽曲もバラエティにとんでるし、
ディランのカバーもあり、最後の曲「ヴードゥ・チャイルド(スライト・リターン)」
カッコよすぎです。
ギターサウンドも凄いですし、ロックギターのお手本というべきアルバムです。

レコーディングには、アル・クーパー、スティーヴ・ウィンウッドらが参加しています。



      Jimi Hendrix    「Voodoo Child (Slight Return)」



この時代にジミのパフォーマンスは、かなり衝撃的でしたでしょうね!!
ライブを生で見てみたかったアーティストのひとりです。









ポチっとお願いします
ブログランキング
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
[ 2008/04/29 23:53 ] [J]JIMI HENDRIX | TB(0) | CM(2)

JIMI HENDRIX 

ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンスによる67年に発表された
デビューアルバムです。

Are You Experienced?Are You Experienced?
(1997/04/28)
The Jimi Hendrix Experience

商品詳細を見る


1. Purple Haze
2. Manic Depression
3. Hey Joe
4. Love or Confusion
5. May This Be Love
6. I Don't Live Today
7. Wind Cries Mary
8. Fire
9. Third Stone from the Sun
10. Foxey Lady
11. Are You Experienced?


シアトル出身のジミ・ヘンドリックスが渡英してロンドンでノエル・レディング、
ミッチ・ミッチェルと66年に結成したのがエクスペリエンスです。

ライブではギターに火をつけたり、歯で弾いたりとそのパフォーマンスにも
注目されがちですが、純粋にジミ・ヘンドリックスのギタープレイに影響を
受けたギタリストは数多くいると思います。

数あるギタリストの中でもずば抜けた存在で、ロック史上最高のギタリスト
の1人である事は間違いありません。

このアルバムの収録曲も「Purple Haze」をはじめ、有名な曲がいくつもある
ので入門篇としては最適ではないでしょうか。



                 「Purple Haze」





ポチっとお願いします
ブログランキング
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
[ 2008/04/03 22:47 ] [J]JIMI HENDRIX | TB(0) | CM(0)
プロフィール

つっしゃん

Author:つっしゃん
訪問ありがとうございます!!

US、UK、ジャンル、年代を問わず、
洋楽アルバムを中心に色々と
お気楽に浅く広く語っています^^ 
ぜひ、参考にしてみて下さい!

リンクフリーですが、ひとこと
コメントしていただけると嬉しい
です。  

ブログランキング
ポチっとお願いします(^^)
にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ ブログランキング
コビトニュース ver.3
星が見える名言集100
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
            
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
         


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。